カラコン保管時の注意点

カラーコンタクトレンズを使用する時、注意しなければならない点があります。

 

それは、ケアと保存の方法。

 

これを誤ると、カラコンはとたんに眼に障害を与える凶器と化してしまいます。
正しいカラコンのケア・保存方法を覚えて、楽しくカラコンライフを満喫していきたいですよね。
ここでは、カラコンのケアと保存について紹介していきましょう。

 

【ケア・保存をする理由】
ワンデータイプであれば、毎回新しいレンズを使用するためケアや保存は必要ありません。
ただし、ワインイヤーやマンスリーといった定期交換タイプを使用する場合、
ケアや保存をしなければレンズが所定の期間持つことなくダメになってしまうのです。
これは、眼の中でレンズが汚れてしまっているため。
装用している最中も、レンズは常に空気に触れた状態になります。
乾燥し、空気中の汚れが付着し、さらには最近までもが吸着してしまうのです。
それに加えて、人間の涙にはタンパク質という成分が含まれており、
これがレンズの周囲に付着すると白く濁ってしまうため、視界が悪くなってしまいます。
ケアをすることでこれを洗い落とし、正しく保存することで細菌の繁殖を防いでいるのですね。

 

【保存時の注意点】
カラコンを保存する際、うっかりしがちなのが水を使用してしまうこと。
ソフトタイプのレンズは、すべて水を弱点としています。ただ弱点というだけではなく、
致命的なレベルでレンズにダメージを与えてしまうのです。
このため、カラコンの保存やケアには絶対に水を使用してはいけません。
使用するのは、別途販売している洗浄液や保存液。これ以外のものを使用した場合、
それは不適切な使用であるため眼障害のリスクが飛躍的に高まることを
理解しいたほうがよいでしょう。

 

【保存後の注意点】
同じ保存液の中でレンズを保存できる期間は、長くても1週間程度。
それ以上の保存をした場合は、一度中の液を入れ替えておいたほうがいいと言われます。
これは、いかに保存液とはいえども長時間放置しておくことで液が痛み、
細菌が繁殖してしまうおそれがあるためです。
また、レンズを装着している間はケースも洗っておきましょう。
この場合は水洗いで問題ありませんが、しっかりと水を拭いて乾燥させたうえで、
再度保存液を入れなければなりません。

 

【最後に】
忘れがちなのは、レンズケースも定期的な交換が必要であるということです。
長くても3か月に1度はレンズケースも新しいものに取り換えておきましょう。
いくら清潔に使っているつもりでも、気が付かないうちにレンズケースが
細菌だらけになっている、なんてことがあるかもしれませんよ。