DIA

カラーコンタクトレンズを使用するにあたり、DIAという言葉を見かけたことはありませんか?
レンズのパッケージやネット通販の商品詳細ページなどを確認すると、ほぼ間違いなく
このDIAというカテゴリが記載されています。

 

このDIA、いったいなんなのでしょうか。

 

【DIAとは】
DIAとは、レンズの直径のことを指します。
ここで注意しておきたいのは、あくまでもレンズの直径であって、
カラコンの着色部の直径を示すものではないということ。勘違いしていると、
希望するカラコンを手に入れることができなくなってしまいますよ。
ちなみにこのDIA、ソフトレンズの一般的平均は14.0〜14.2程度。
乱視用になればこれが14.5程度まで広がりますが、これはずれやすい
乱視用レンズを眼の中で安定させるための措置です。
だいたいの人には、14.0程度のDIAがもっとも適していると言われます。

 

【DIAを選ぶとき】
カラコン使用者の一部は、とにかく大きな直径のレンズを使おうとする傾向を
持つ人たちがいます。この傾向については、危険性が常について回ることを警告します。
というのも、カラコンは直接眼に乗せて使用するもの。
直径が大きくなればなるほどに眼にかかる負担は当然増大し、
炎症や障害を起こしやすくなってしまうのです。また、友達が14.5を使っているから
自分も同じものを使う、という選択もリスクを伴います。
人間の眼は、個人差があるためです。

 

このため、DIAを選択する際にはきちんとした眼科で一番相性が良いものを
まず知っておくことが大切です。 また、あまりにDIAが大きすぎるレンズは
できるだけ選ばないようにしたほうが無難でしょう。
15.0を超えるレンズは、そのリスクが非常に大きなものになってしまいます。

 

【DIA選択ミスによる弊害】
DIAが自分に合っていない場合、起こり得る最大の弊害は失明・または視力低下です。
DIAが大きすぎると眼にキズが入りやすくなり、しかもそれが悪化しやすい環境と
なってしまうためです。角膜上にキズが入ってしまうと、視力低下を引き起こしてしまいますよ。
これが進行し続けてしまうと、最後に待ち受けているのは失明という取り返しのつかない事態です。

 

また、DIAの大きさは装用感にも直結します。
小さければいいというわけでもありませんが、大きければ当然ごろごろした感覚が強くなり、
長時間装用することができません。

 

DIAに関しては軽く見られがちな部分ですが、非常に重要な役割を果たしています。
もっとも自分に適したDIAを使用することで、カラコン生活の満足度が
大きく変わってくることでしょう。